ブレンド
ジョボ

味わい

酸味 ★★☆☆☆
コク ★★★☆☆

苦味 ★★★☆☆
甘み ★★★☆☆

おすすめの飲み方

ホットコーヒー
エスプレッソ
カフェラテ

おすすめのお茶請け

シンプルなパウンドケーキ、よもぎ饅頭、バニラアイスクリーム

産地

エチオピア
インドネシア
(ブレンドを構成する産地は予告なく変更することがあります。)

価格

100g ¥600
200g ¥1100
500g ¥2500
(価格はすべて税込みです。)


the shaggs というバンドの楽曲を、一曲でも耳にしたことはおありでしょうか。
時は1960年代。とある三姉妹のお父さんは、手相占いを頭から信じ切って、娘たちにバンドを組むように言い渡します。
とち狂ったお父さんは、いままで楽器に全く触れてこなかったであろう彼女たちに、演奏、歌唱、作詞のすべてを丸投げ。
結成後すぐに録音された彼女たちの奏でる「音」は、とても音楽と呼べるものではなく…。演奏、歌、リズム、どれ一つかみ合っていないちぐはぐなシロモノだったのです。
しかし、リリースされたCDは十数年の時を経て著名な音楽家に発見され、再評価され、瞬く間にthe shaggs の名は世界中の(ちょっとおかしなものが好きな)愛好家に、音楽のまた別の新たな可能性を示唆するものとして知れ渡ったのでした。

コンテンツ化されたもの、つまり上手、下手の型ができあがっているものや、その枠組みの中でどれだけ「上手くやっているか」を競うものが世の中にはたくさんあります。素晴らしいことです。文化が途切れることなく発展し、下の世代に継承されていった証拠に他ならないと思います。
わずかな音の揺れが、ステージを感動的に見せたり、見せなかったり。最後の一歩の踏切が、前人未到の記録を打ち立てたり、打ち立てられなかったり。
そのあわいを我々は固唾をのんで見守るのです。
美しいものがありますが、時々息が詰まり、目を背けたくなる心地がします。
そんなときに私は、the shaggs の音楽に立ち返るのです。
ブレンド ジョボは、私のおおらかさを求める気持ちを解放したブレンドです。
傑作ではありません。中煎りのエチオピアと深く深く焼き上げたインドネシアで構成された、口の中でどことなく散漫な広がりを見せる、とらえどころのないブレンドです。
コーヒーにおいて「美味しい」といわれる型も、だいぶ成熟してきた現代ですが、こんなブレンドがあってもいいんじゃない?と私はあくび交じりに思うのです。
ウィークデーの営みにいささか飽きてきた、木曜日の朝や、遅く起きた休日に、ちょっとした気分転換のお供に向いているのではないでしょうか。


オーダー お問合せ

  • ご注文の際は、下記の問い合わせフォームすべての事項にご記入の上、ご注文内容をお送りください。
  • 送料は全国一律 ¥600 です。
  • 商品の合計が ¥4,000 以上の場合、
     送料無料
     お届け時のクレジットカード・電子マネーでの支払い可(代引き決済ご利用の場合)
    となります。
  • 代引きでのお支払いをご希望の場合、別途代引き手数料 ¥330 頂戴いたします。
  • 銀行振込をご希望の場合、振込手数料はお客様でのご負担をお願いいたします。
  • 粉での販売をご希望の方は、その旨をメッセージ欄にご記入くださいませ。記載のない場合、豆で発送いたします。