ブレンド
ムテ

味わい

酸味 ★☆☆☆☆
コク ★★★★★

苦味 ★★★★☆
甘み ★★★★☆

おすすめの飲み方

ホットコーヒー
カフェオレ
アイスコーヒー
カフェラテ  
エスプレッソ 

おすすめのお茶請け

バターたっぷりのクッキー、お酒の効いたチョコレートの焼菓子、柿の種など。

産地

コロンビア
ブラジル
インドネシア
ケニア
(ブレンドを構成する産地は予告なく変更することがあります。)

価格

100g ¥600
200g ¥1100
500g ¥2500
(価格はすべて税込みです。)


ほっぺたと後頭部のあいだの名前をご存知ですか。
誰も呼びかけないその場所を、彼は「ムテ」と名付けました。
お気に入りのおもちゃに、世界に一つしかない名前をつけることは、だれにとっても幼い自分に覚えのある、特別な経験でしょう。
なにかに名前を付けて、それを他のありとあらゆるものから切り取って、区別すること。
それは愛情表現のひとつの形のように私には思えます。
万人に通った名がついているわけではないけれど、誰かにとっては他に代えのきかない、大切な存在。
私の店も、そうなるようにとの願いを込め、「ムテ」の名を拝借することにしたのです。

屋号を冠したブレンドは深煎りにしようと、ずっと前から決めていました。
理由は単純で、コーヒーはやっぱり深煎りだと思うからです。
ブレンド ムテは、香ばしそうな明るめの茶色から一転、少し寒々しい青っぽい色味を帯び始めたくらいで火からおろしたコロンビアに、じっくりと、豆のご機嫌をうかがいながら可能な限り長い時間をかけて、黒光りするまで焼き上げたブラジル、ケニア、インドネシアの豆をミックスしてつくります。
コロンビア以外の三種類の豆は、長い時間をかけて焼くのがポイントです。豆の緊張感をゆっくりほどいて、固くしまっている部分をやわらかく緩めていくことで、角が取れたふくよかな香りをたたえるような気がしているからです。
ラーメンでいうと、ゆで汁をたらふく吸い上げさせて、コシを奪ってぶよぶよに仕上げるようなイメージでしょうか。
ぶよぶよの麺を出すラーメン屋ですと店を畳まなければなりませんが、そんな行為に光明を見いだすのは、さながら風車に突撃するドン・キホーテのようです。
ブラジルの豆が持つ、丸みを帯びながら深く沈み込んでいくようなどっしりとした苦味。
深煎りにしてもなお際立つケニアやインドネシアの強い個性。
そしてそれらをコロンビアのマイルドな持ち味がつなぎ合わせてまとめあげた、コクがありつつもすっきりとしたブレンドです。
朝に晩に、場面を問わず気軽に楽しんでいただけます。


オーダー お問合せ

  • ご注文の際は、下記の問い合わせフォームすべての事項にご記入の上、ご注文内容をお送りください。
  • 送料は全国一律 ¥600 です。
  • 商品の合計が ¥4,000 以上の場合、
     送料無料
     お届け時のクレジットカード・電子マネーでの支払い可(代引き決済ご利用の場合)
    となります。
  • 代引きでのお支払いをご希望の場合、別途代引き手数料 ¥330 頂戴いたします。
  • 銀行振込をご希望の場合、振込手数料はお客様でのご負担をお願いいたします。
  • 粉での販売をご希望の方は、その旨をメッセージ欄にご記入くださいませ。記載のない場合、豆で発送いたします。