季節を逃している

夜なんてものが、果たして本当にあるのだろうか。第十一飛行隊が青空になにごとかを、煙に巻こうとして、私のズボンのほとんどは、右膝に穴を穿たれている。これは偶然、しかも接線の存在しない偶然。空を海と見立てて泳いでいる魚でもい...

わたしの知るトマト

瞼を閉じていようが、どうしたって入り込んでくる光、それを見ながら髪を洗う。 近所の子供たちと畑の草抜きをした。どういう流れだったろうか。気づいたら草を抜いていたのである。ニホンカナヘビと、ニホントカゲを探してるんです。「...

味噌汁から遠いところ

今年はもう何匹の、胡瓜にまとわりつくオレンジ色の虫を殺したろうか。去勢した家の猫を慕って、庭をかけめぐる鉢割れの白猫にかける言葉はない。『アメリカシロヒトリ』という、聞き慣れぬ名前の蛾がいるそうである。アメリカ・白・一人...

どうしても明日を待ち望む心

窓の外は雨、シャンプーの泡がぽつぽつとはじける音。眠気なんてただの言葉だ、体の疲れも、言葉に疲れさせられているだけだ!と息巻いて、昨日は前の日の朝から眠らずに過ごしていたけれど、夕方ごろ、シンクの中の洗い物の山にどうして...

夕焼け一つ楽しんではくれぬもの

トラクターに寝床を奪われたカヤネズミは走り去り、カラスはそれを嘴で迎え入れた。蜂が家の南側に巣をたくさん作る年は台風がたくさん来ると言われているらしい。去年は忘れもしない、週末ごとの台風と、極めつけにハギビスなんて破壊的...

行方がわからない

実家の農業を手伝って、トラクターをかける。かき回され、均された泥土に降り立つのは、まずムクドリである。それからカラス。トラクターの後ろをゆっくりとついてきて、可愛らしい。最後の最後に、ハトがやってくる。彼らが俗っぽさの象...

私の、祈り、とは

バイパスをけたたましい、排気音が駆け巡る。楽器に抜けの良い音色があるように、バイクのマフラーにも抜けの良し悪しがあるようである。リンク・レイのギターの音は、世に出た当初はあまりに邪悪だと、そういう理由でラジオでの放送が禁...

溶けた氷の中に

告解室に臨むような気持ちで家の整理をしている。錆止めスプレーを使ったのは人生で二度目。匂いを嗅いだ刹那、ものすごいスピードで、私の脳みそにある懐に―脳みその中にもきっと身体はあるだろう―飛び込んできたものは、東寺の大日如...

私の後にした

旅の末にたどり着いた家の間取りが、旅の始まりに後にした家のそれとまるで同じだった場合、責めを受けるべきは旅人だろう。いつものように何気なく草をむしり進めていて、伸びるにまかせておいた汚いアロエの近くで目を上げると、そこに...

カード決済について

代引きの方のみです。カード決済、および電子マネーでの決済ができるようになりました。商品の合計が ¥4000 以上の方のみの特典です。本当はweb上で決済できれば、皆さんらっくちん!なのでしょうが、店主パソコン音痴につき、...